• ホーム
  • 医薬品の偽造はそんなにも簡単なのか?

医薬品の偽造はそんなにも簡単なのか?

2019年07月10日
泣いている男性

医薬品には正規品ばかりではなく、中には偽造医薬品も紛れ込んでいる場合があります。
そして現在、偽造医薬品の国際的密売組織が世界中に活動を広げています。
そしてこのような偽造医薬品の多くは、中国やインドで製造されています。
年間多額の売上金をほこる偽造医薬品の流通ルートは、複雑すぎて把握できないとされています。
中には麻薬組織との関係も指摘されており、偽造医薬品の背景には複雑な問題も抱えています。
日本の薬事法は世界トップレベルの厳しさで知られています。
認可の下りた薬しか販売できないため、許可がもらえないと取引できないのが現状です。
しかし世界には規制の緩い国も存在します。
正規品は高価で少量しか入っていないけれど、偽造品であれば安価で大量に入っているとして人気があります。
きちんとした過程で製造されている薬ではないため、健康上のリスクがありますが、安さに釣られて購入する人は多くいます。
多くの国では薬の厳密な検査はほとんど行われず、偽造薬の検査は書類だけと、比較的簡単に取引されています。
そのため偽造医薬品が流入しやすい状態になっています。
これを避けるためには、使用する医薬品が正規品である事を確認してから購入する事が大事です。